矢藤 様
 
 相続税対策として農地に都民住宅を建設。
 20年後の今も全く色褪せることなく、ひときわ威光を放つ存在となる。
Card image cap




 農地の宅地並み課税がスタートした時、先生の始められたコンサルティングをNHKの報道で知り、事務所にお伺いしたのが最初の出会いです。
 農地の宅地並み課税がスタートする27年前に専用ソフトを使ったコンサルがNHKの知るところとなり、事務所まで取材に来られたのです。 テレビ出演なんて初めてだったのでかなり緊張したのを覚えています。

 2~3分の出演でしたが、農地の宅地並み課税に対する関心が非常に高い時期だったこともあり、放送後は実に多くの農家の方が相談に来られました。矢藤様もこの放送をご覧になって弊所に来られました。





 父が高齢で農地も広く相続対策をしなければ大変なことになると思い、全面的に対策の立案と実行のお手伝いをお願いしました。
 矢藤様の農地は都内でも人気のある地域に所在し、最寄り駅からも徒歩数分なのでマンション経営には打ってつけです。当初は社宅も検討しましたが、社宅というのは他に転用するのが難しいことから最終的に中堅所得者向け優良賃貸住宅である都民住宅に落ち着きました。

 ところで都民住宅というのは入居者に家賃補助があるのですが、これもスタートから20年で終了します。そのため20年後に家賃補助のない一般住宅への切り替えがうまく行くか心配だったのですが、全く問題なく切り替えられました。むしろ、それまでの家賃より上がったくらいです。やはり賃貸経営は立地が重要なんだと改めて認識した次第です。




 何でも気軽に相談できる事務所です。皆さん誠実でスピーディーに解決していただけます。
 矢藤様とはお付き合いが長く、飲みにもよく誘っていただけ何でもざっくばらんにお話ができる間柄です。最近はご自身の相続の心配をされており、私もどういったやり方がベストなのか日夜、思案に明け暮れているところです。

 何かの雑誌に税理士というのはお客様の生き様に直接接することができる唯一無二の職業であると書かれていました。確かに言われてみれば他の職業と比較して圧倒的に深いお付き合いができている気がします。
 特に相続や事業承継の仕事ではご家族のこともよく知っていなければ的確なアドバイスができません。必ずしも生き方に肯定できる方ばかりではないのですが、そうした方を含めて実に様々な人生模様に触れることができています。

 こうした経験を踏まえ少しでもお客様の人生にとってプラスになれるよう、これからも精進していきたいと思います。