アパート、マンション経営者のこんな悩み ・・・
  将来、資金ショートが起きないだろうか?

 

家賃が下がったら、空室が増えたら、修繕費が増えたら、金利が上がったら等々、家主さんで あればどなたも将来のキャッシュフローがどうなるのか気になるのではないでしょうか?

  無駄な税金を払っていないだろうか?

 

不動産賃貸業の場合には建物の所有者を誰にするかによって税金の額が大幅に違ってきます。
例えば個人が所有している場合と法人が所有している場合では毎年の不動産所得に係る税金だけでなく、相続税もかなり違ってくるのです。にもかかわらず、キッチリと比較計算した上で対策を実行している方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?

  最適な対策が取れているだろうか?
 

相続対策にはアパート等の賃貸物件の建設、収益物件の購入、不動産の贈与・売買、管理会社の設立、法人化(法人経営)、生命保険の加入、連年贈与、養子縁組など、数え上げたらキリがないほど様々な方法があります。また遺産をどのように分けるのがベストなのか、相続税をどのように納税するのがいいのか、悩みが尽きません。でも、ほとんどの方はその都度、思いつくままに実行しているのではないでしょうか? 

例えば土地活用一つとっても、何を建てるのか、アパートがいいのかマンションがいいのか、建設会社はどこがいいのか、どの土地にどれほどの規模のものを誰が建てるのか、個人がいいのか法人がいいのかなど、検討しなければならないことが山ほどあります。また、そもそも建てるべきか否かについての検討も必要となりますが、こうした様々な課題について一応検討の俎上には上がるのでしょうが、長期的観点から具体的数値で検証することはまずありません。

 「財産クリニック」を受けてみましょう。

  「財産クリニック」では、
全ての対策を組合せて、将来30年先までの収支と相続
を計算します。
「財産クリニック」では独自開発のシミュレーションソフトの計算結果に基づいて、相続が発する前に、遺産分割を考慮に入れながら、相続税とか贈与税等の合計税額をできるだけ少なくすると共に、キャッシュフローを増やしていくという総合的なコンサルティングをいたします
もし、相続対策を実行しても相続税がかかる場合には、その納税プランについてもできるだけ具体的に計画します。

なぜ、当社だけが計算できるのかというと、20年以上開発を続けてきた事業収支や相続税計算等の6種類のソフトを統合したシミュレーションソフトが完成したからです。

  「財産クリニック」では、鹿谷自身がご相談に応じます
アパートやマンションの法人経営、不動産オーナーの相続対策等、 不動産経営を知り尽くした 当社代表 鹿谷(公認会計士・税理士) に直接ご相談いただけます。

※不動産経営、相続対策について多数の著書があります。



  当社の顧問先は9割が不動産経営者
不動産オーナーの経営サポート、相続対策に特化した会計事務所です。