相続税の還付請求とは本来納めるべき税額よりも多く支払っている場合に、過大となっている納付税額を戻してもらう手続きのことです。

 一般の方は財産の額が同じであれば相続税額も同額になると考える人が多いようですが、実情はかなり異なります。特に土地の場合には一つとして同じものはありませんので、人によって評価額が異なるのは、ある意味で当たり前なのです。

 また過少申告になると加算税がかかることを危惧して、あまり積極的に減額要因を探さない方も多いようです。このようなことから還付請求になるケースが後を絶たないのです。
 
 なお、相続税の還付請求については相続税の申告後5年以内であれば認められますので、何となく疑問に思われた方はご遠慮なくご相談下さい。完全成功報酬でやらせていただいております。





1

過大請求となるケースは不動産の評価に原因がある場合が多いが、当事務所はアパマンの評価について様々な事例を経験をしている。

2

広大地であるとか市街化山林、調整区域の雑種地等については不動産鑑定士と業務提携を結んで万全を期している。





還付税額の25%。 成功報酬制度をとっていますので諸経費は一切かかりません。

                    





メールでのお問合せ・お見積り依頼は、こちらからお願いいたします。