鹿谷の素顔
 皆様、始めまして、当社の代表をしている鹿谷です。

私の出身は四国の香川県ですが、大学入学のために上京してから早くも40年以上が経ちました。月日が経つのは本当に早いものですね。
 それはともかく、バブル華やかなりし昭和62年の開業当初より、それまで勤務していた証券会社での資産税業務の実務経験によって蓄積したノウハウを元に開発した様々なシミュレーションソフトを全国の会計事務所向けに販売しました。

 その後、農地の宅地並み課税がスタートした時には、専用のソフトを開発して都市農家向けに始めたコンサルティングがNHKとか日経新聞等(※)に紹介され、数多くのコンサルを経験させていただく幸運に恵まれました。 
 また、このようにマスコミに取り上げられたことから、農家の方だけでなくハウスメーカーとか建設会社の方々とも繋がりができ、様々なシミュレーションソフトの開発を依頼されるようになったのです。

いずれにしても、以上のような変遷を辿ったことから、当事務所の顧問先に占めるアパマン経営者の割合が全体の70%を超えるまでになりました。

  今後とも、この大きな流れは変わりそうもありませんので、これからもアパマン経営者を中心として、皆様方のお役に立てるべく精進したいと考えております。

※ 
株式会社鹿谷総合研究所
公認会計士鹿谷会計事務所
 
代表取締役・公認会計士・税理士
 


上記「ご挨拶」で触れましたように、当社はアパマン経営に関連する業務が中心となって
いますので、通常の会計事務所とは異なり、次のような特長を有しております。
 @不動産経営に関する様々なソフトを開発している
 当社では、アパマン経営に関連する様々なソフトを自社開発、全国の皆様にご利用いただいております。

不動産会社、建設会社等の営業マンが地主様にアパート等の建設を提案する際の事業収支計画書を作成するソフト
  

  初期バージョンを発売してから既に25年以上経ちますが、今ではこの分野で圧倒的なシェアを占めるまでになりました。またパッケージを販売するだけでなく大手ハウスメーカーからは様々なカスタマイズの依頼をいただき、ご活用いただいております。
これらのソフトは通常の商品とは異なりマーケットはそれほど大きくありませんが、全国で一位になるということはそれほど簡単なことではありません。したがって大いに自慢できることではありますが、一方で責任感も痛切に感じております。


不動産のオーナーである家主さんが、家賃等の入金管理をしたり不動産所得の確定申告に必要な決算書を作成するソフト
 アパマン経営を始めますと毎年確定申告をする必要がありますが、このソフトは家賃等の入金管理をしながら不動産所得の確定申告に必要な決算書も作成できます。
このような家主さん向けの専用ソフトは当社のものを含めて全国に2つしかありませんが、お互い切磋琢磨してより良いものに改善していきたいと考えております。
(ソフトのみの販売はしておりません)

国税三法(相続税、法人税、所得税)を全て考慮に入れ、ストックとフローの両面から最適な資産の組み合わせをシミュレーションするソフト

このソフトは資産家とか事業経営者の所有する全ての資産(金融資産、土地、自社株等)、負債の残高だけでなく、現在および将来のキャッシュフローまでも考慮に入れた最適なタックス・プランニングを構築するためのソフトです。
(ソフトのみの販売はしておりません)


 Aシミュレーションに基づいて相続対策等の提案をしている
当社で様々なシミュレーションソフトを開発しているのは、頭の中ではこんなものだろうと思っていても、コンピュータでシミュレーションしてみると、結果がかなり違っているケースが多いからです。
特にアパマン経営の場合には、ほとんどのケースで多額の借金をしますので失敗したでは済まされないのです。 ところが残念ながら、アドバイスする側の業者ともども事の重大性を本当の意味で理解していないため、自己破産したり、財産の多くを失うケースが多発しているのです。

もちろん投資規模が小さいとか相続税がほとんどかからないといった場合には、通常それほど大きな悪影響を及ぼすことはありませんので、あまり気にする必要はないでしょう。

当事務所では諸般の状況を適宜判断し、リスクがかなりあるとか複雑な事案の場合には詳細にシミュレーションした上で各種のご提案をするようにしております。

 B不動産経営に関連する様々な著書を出版している
 当社では単にソフトを開発するだけでなく、アパマン経営に関連する様々な書籍を出版したり、専門の雑誌に掲載しております。
単行本 「繁栄する大地主衰退する大地主」 (新評論)



 本の説明画面へ

「アパマンも法人経営の時代です!」 (新評論)

「アパマン経営、なぜ失敗するのか?」 (新評論)
「アパマン経営・節税テクニック これがすべてです (新評論)
「家主さん、地主さん、もっと勉強して下さい!」 (新評論)
「相続対策失敗事例集」 (新評論)
「自分で考えるアパートマンション経営プラン」 (ぎょうせい)

雑誌等の連載
シリーズ
「行列ができる不動産相続相談所」 (全国賃貸住宅新聞)
「複式簿記とアパマン経理実務の勉強」 (家主と地主)
「知らないと損をする節税の話」 (地球王国)

「土地活用&相続対策アドバイスの急所」 (近代セールス)


これ以外にも税理士向けの専門雑誌(月刊税理)等々に数多く出稿しております。

ビデオ:「早わかり 農地相続成功への道」(非売品)

当社へのご相談は・・・ 


 「財産クリニック」

所有財産の評価から診断、対策のご提案までを独自開発の専用ソフトで行ないます。現時点および将来30年間の物件別、所有者別の損益・収支、相続税額を計算し、最適な資産の組替え、節税の仕組みについての見直しをした対策をご提案、実行のお手伝いをします。
現状分析から提案書の作成までは一律15万円(税別)とし、対策を実行される場合には実行料をいただくことにしております。

大変申し訳ありませんが、 相当の時間とエネルギーを要しますので、まことに勝手ながら以下のお客様に限らせていただきます。

<当サービスが想定しているお客様の資産規模>

所 在 地 :
現地調査しますのでメインの不動産が一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
資産規模 : 相続税対策がメインとなりますので純資産(相続税評価額)の額が2億円以上の方

 「税金何でも相談」

相続から節税、土地活用まで、何でもご相談下さい。

1回当たり一律3万円(税別)です。



  商号 ・・・ 株式会社 鹿谷総合研究所
鹿谷が以前に勤めていた証券会社系列のシンクタンクが「××経営研究所」だったのですが、もう少し幅広い業務をやろうと「総合研究所」と名付けました。

電話に出るときは「シカタニソウケン」です。

  設立 ・・・ 昭和62年9月1日

代表者である鹿谷が独立した日に登記しました。申請書類の作成はサラリーマン時代です。ゴメンなさい。
ちなみに独立後の事業計画書を会社のパソコンを使って作成しているところを上司に見付かってしまいました。
全幅の信頼を置かれていた(?)私もさすがにバツが悪かったのを覚えています。

  住所 ・・・ 〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル2F
           TEL 03-5840-8063  FAX03-3818-0993
  

平成21年までは池袋の事務所に5年近くおりましたが、もう少し静かでノンビリした所が良いのではないかということで移転した次第です。
ご存知かと思いますが、本郷三丁目の近くには東京大学があります。それがどうしたんだと言われそうですが、会社名にあるように(鹿谷総合研究所)、アカデミックな学園都市で原点に帰ってジックリと研究してみたいという思いに駆られたのです。
そうはいっても研究ばかりしていては食べていけませんので新しいソフトを鋭意開発しております。
それにしてもビル名の「三宝」(さんぽう)というのは良いですね。この名前が気に入って、ここに決めました。どんな宝が現れるやら楽しみです。

 

 写真をクリックしますと、それぞれの説明をご覧いただけます。 


事務所の外観



エントランス


オフィス 左方面


オフィス 左側


社員専用スペース


社員共用スペース


所長室1


所長室2




〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル2F


東京メトロ丸の内線、都営大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩5分。