このシステムでは空室部分について、次の3つの方法で計算できるようになっております。



@入居率のみで計算する方法

常識的に分かりやすい方法です。この場合には下記の「入れ替り率」と「再入居までの空室月数」はいずれもゼロ(0)とします。





A入れ替り率と再入居までの空室月数で計算する方法

現実的な方法です。なお、「入れ替り率」とは平均してどれ位入れ替わるかということです。
入力方法としては、例えば、「4年に1回入れ替わる」とすると、「4年毎100%」とか「2年毎50%」あるいは「1年毎25%」(いずれも100%を年数で按分する)が考えられますが、毎年の収支をできるだけなだらかにするため、「1年毎25%」が良いでしょう。





B上記@とAを併用する方法

最も保守的な考え方ですが、より慎重に事業計画を立てる場合はこの方法が良いでしょう。