この「比較シミュレーション」では以下のように物件毎に手元残金(手取り収入)や各種分析指標等を相互に比較した「物件別収支比較表」を作成できます。







<比較事例>

 ■物件自体を比較するもの

   利回り、築年数、価格、建物の種類、構造、
   所在場所等が等しいもの、あるいは逆に
   違うもの


 ■資金計画を比較するもの

   自己資金の投入額、借入金の返済期間、
   金利、返済方法、変動・固定等

 ■その他

   一般管理・一括借上げ、
   減価償却の方法等




このように物件毎に重要項目だけを一覧表示することによって、それぞれの物件を購入したときの全体に及ぼす影響を一目瞭然にすることができます。
詳細な収支と一緒に、あるいは単独でお客様に提案して下さい。