アパートとか、賃貸マンション、貸ビル等(またその複合)を建設した場合の収支、相続税の節税効果を計算します。

画期的な「比較シミュレーション」専門用語・税制の仕組みについての詳しいHELP付き。

での解説を見る 

  下記特徴点の説明はダウンロードできます → (word、A3カラーヨコ2枚)


複合提案」とは、アパート、マンション、店舗ビル、事務所ビル、貸倉庫のように種類の異なる建物を同時に建設提案することですが、この「ビル経営プランナー」であれば、全部で10棟までの建物について、敷地面積、建築プラン(種類、構造、面積、本体工事費、耐用年数等)に関するデータを別々に入力できるようになっております。

したがって、例えば、以上のような店舗ビル1棟、アパート3棟、マンション1棟、定期借地による土地の賃貸3区画といった建設提案が可能だということです。

ご承知のように、建物の種類が異なれば建物本体の耐用年数が異なりますし、土地とか建物の固定資産税も異なります(アパート等の住宅の場合には各種の特例が適用可能)。また、このソフトでは相続対策としての節税効果も計算できますが、土地、建物の評価額を別々に入力できるため、より正確に評価減額を計算できるのです。

また、同じ間取りで専有面積が同じだったとしても、方角とか所在階によって家賃等が異なるケースが多いのですが、このソフトでは部屋等のタイプを全部で30まで設定できますので、かなり正確な収支計算が可能です。















1
当社オリジナルの「比較シミュレーション」が付いています。
2
それぞれの帳票には脚注とか所見欄を設けておりますので、エクセルと同じように任意に文章を記載できます。
3
提案書はA3で作成していますが、B4とかA4に縮小印刷することもできます。A4に縮小したものをファィルに保存しておく場合等に便利です。なお当然ながらカラーでもモノクロでも印刷できます。
4




マークがついているものは、クリックしますと内容を確認ができます(以下同じ)。





マークがついているものは、クリックしますと内容を確認ができます(以下同じ)。






■以下、代表的な帳票をご紹介します(他のものは上のプレビュー画面からご覧下さい)。






   300,000円 <税抜き>

※ご購入後1年以内は何回でも、
無料で最新版のソフトをダウンロードできます。  

※別途消費税が8%かかります。

 アパート経営プランナー と ビル経営プランナー の組合せ
    

    380
,000円
 <税抜き>



必 要 シ ス テ ム
基本システム Microsoft Windows 7、8、8.1、10/Vista/XP
パソコン 対応機種 動作OSが稼動するパソコン
メモリ 512MB以上
ハードディスク 空容量300MB以上
ディスクドライブ  CD−ROMドライブが必要
ディスプレイ 1024×768ドット以上の解像度
その他 このソフトはMicrosoft Access2002(以下Access)で作成しておりますが、Access
自体は必要ありません(セットアップ時にAccessランタイム版が組込まれます)。