簡単なデータ入力で地主様の様々な悩み、ご質問にお答えするソフト
Card image cap



Card image cap

比較計算
■建物プラン自体を比較するもの
建物の種類(アパート、マンション、貸ビル、貸店舗等)
構造(木造、鉄骨造、鉄筋造等)、間取り(1K、2K等)
階数、使用、利用方法(自宅併用、賃貸専用)等
所在場所等が等しいもの、あるいは逆に違うもの
■資金計画を比較するもの
  自己資金の投入額、借入金の返済期間、金利、返済方法、変動・固定等
■その他
  一般管理・一括借上げ、減価償却の方法等
財産評価・収益性分析
現状での財産評価と相続税の計算に加え、物件別の収益性を分析することもできます。
コンサルティング
親が建てた場合と子供が建てた場合の相続税の比較
個人が建てた場合と法人が建てた場合の収支・相続税の比較
買換え特例を使った場合とつかわない場合の収支・相続税の比較
納税猶予を受けた場合と受けなかった場合の相続税の比較



最適土地活用方法検討_3つのシステム



入力画面、計算結果

Card image cap

印刷見本

Card image cap
入力画面、計算結果

Card image cap

印刷見本

Card image cap


入力画面、計算結果

Card image cap

印刷見本

Card image cap

 

定価 ¥240,000 早期割引 ¥168,000
※初年度保守料を含みます (2年目以降は別途保守料¥25,000がかかります)。


比較計算
以下の比較が簡単にできます。
建物プラン自体の比較

建物の種類(アパート、マンション、貸ビル、貸店舗等)
構造(木造、鉄骨造、鉄筋造等)
間取り(1K、2DK等)
階数
仕様
利用方法(自宅併用、賃貸専用)等

資金計画の比較
自己資金の投入額
借入金の返済期間
金利
返済方法(元利均等、元金均等)
種類(変動、固定)等

その他
経営方法(一般管理、一括借上げ)
減価償却の方法(定額法、定率法) 等


財産評価・収益性分析
このソフトでは、現状での財産評価と相続税の計算に加え、物件別の収益性を分析することもできます。 相続というのは、いつ発生するか分かりませんが、だいたいの相続税を把握しておき、納税方法の検討をしておくことは重要です。 路線価は毎年7月初めに発表されますが、発表される都度、評価替えをして地主様にご説明することは顧客サービスの一つではないでしょうか?

なお、農地の場合には農業を継続する限り相続税が猶予されます。そこで、このシステムでは、農業を継続した場合としなかった場合(納税猶予を受けた場合と受けなかった場合)の両方の相続税が計算できるようになっています。

また、このシステムでは単に相続税を計算するだけでなく、物件別の収益性を分析することもできます。 収益性の悪い物件については土地の有効活用により収益性を高める必要がありますが、このシステムでは、そのための基礎データを作成することができます。


コンサルティング
親が建てた場合と子供が建てた場合の比較
個人が建てた場合と法人が建てた場合の比較
買換え特例を使った場合と使わない場合の比較
定借と「定借+賃貸物件」の比較 等


作成できる帳票 約12種類
比較シミュレーション
表紙
経営計画書
プラン別収支予想および投資分析
プラン別資金収支推移表
プラン別不動産所得推移表
借入金の完済時点比較グラフ
相続税の節税効果

財産評価・収益性分析
土地・建物の評価額
相続税額の試算書
物件別収益性分析

コンサルティング
表紙
事業計画の概要
手取収入の比較
相続税の節税効果
相続税評価額の計算過程
相続税額の計算過程-現状






Card image cap

Card image cap